プロレスラーらがサル虐待、ブログで発覚。

 神戸市を拠点に活動するプロレス団体「DRAGON GATE(ドラゴンゲート)」所属のレスラー(27)ら男4人が、ペットのニホンザルを虐待したとして、兵庫県警須磨署は1日にも動物愛護法違反(虐待)などの疑いで書類送検する。

 捜査関係者によると、4人のうち3人は4月下旬、同市須磨区の練習場で、飼っていたサルに制汗剤を吹きかけたり、ライターの火を近づけたりして虐待した疑い。

 別の男(31)は、2000年頃にサルを購入した後、県条例で定められた許可を得ず、飼育した疑いが持たれている。

 虐待の様子をレスラーがインターネットのブログで紹介して発覚。4人は調べに対して、「凶暴なイメージを(ブログで)アピールしようと思った」「サルが臭かったので、制汗剤を使った」などと話しているという。

ぎゃああああああ

プロレスラーらがサル虐待、ブログで発覚(読売新聞) – Yahoo!ニュース



愛情の裏返し…なのかなぁ。

コメントする